店舗スタッフが発信すべきインスタ投稿テーマ7選!

店舗スタッフが発信すべきインスタ投稿テーマ7選!

こんにちは!マーケターのカワノです。

最近インスタの趣味アカウントを作成しました。

テーマを何にしようか悩みましたが、私は食べることが好きなので(特に甘いもの)、飽きずに投稿できるよう食べ物系のアカウントにしてみました。

まだ始めたばかりですが、過去の写真から毎日投稿を継続できるよう頑張っています!

現在11日目に突入です。私が今後も継続できるよう皆さん応援していてください。笑

ところで、スタッフアカウントでインスタを始めようと思っている店舗スタッフの皆さん。

インスタの投稿テーマって悩みどころではありませんか?

「店舗スタッフとしてお店のインスタ始めるぞ〜!」と意気込んだは良いものの、いざ投稿する場面になると、「あれ…?そもそもまずなにから投稿すればいいの?」と頭を抱えてしまう人も少なくないと思います。

今回はそんな方々に向けた、店舗スタッフが発信すべきインスタの投稿テーマを7つご紹介していきたいと思います。

↓スタッフアカウントの運用方法を書いた記事はこちら↓

なぜ店舗スタッフがインスタをやるべきなのか

昨年インスタの月間アクティブユーザー数が3300万人を記録しました。

2014年06月 400万人(※1)
※1 2015年6月時点の公式発表にて、「1年前から倍増」という発言があったため、2014年6月時点をインスタラボでは公式数値として扱っています。
参照URL:https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/amp/

これは世界を代表するSNSであるFacebookをも超える数値となります。

ユーザー数の増加スピードも年々加速しており、若年層においては「ググる」より「タグる」が定着してきています。

また最近ではインスタグラムユーザーの年齢層の幅も広がってきており、20代30代の女性のみならず、40代50代の男女のユーザー数も増加傾向にあります。

インスタは幅広い年齢層にアプローチでき、なおかつユーザー数も急激に加速している今大注目のSNSなのです。

集客にスタッフアカウントが効果的な理由

大体の企業では公式アカウントはあってもスタッフアカウントは持っていないのではないでしょうか?しかし想像以上にスタッフアカウントは重要なんです。

公式アカウントはブランディングには効果的ですが、集客目的で使うにはあまり効果的ではありません。

なぜかというと公式アカウントではどうしても一方的な広告の発信になってしまいがちなので、SNSでの広告コミュニケーション上、煙たがられる可能性が高いからです。

一方、スタッフアカウントであれば人間味を出しやすく個人にファンがつきやすいので、集客を増やしたい!という方には、スタッフアカウントにフォロワーをつけることをおすすめします。

スタッフアカウントの投稿テーマ7選

お店の商品投稿

先述した通り、今はハッシュタグで情報収集をしている若年層が多いです。

このことから、20歳前後の女性をターゲットにしているアパレルなどの店舗スタッフさんは商品名をつけたハッシュタグと共に商品写真を適度に投稿すると良いでしょう。

しかし、宣伝色の強くなってしまうインスタは避けられてしまいますので、露骨に商品をアピールするのはNGです。

自分が使用してみて良かったポイントなどを、自分の言葉で伝えるように心がけると宣伝っぽくならずに済むと思います。

店舗近くのおしゃれなお店の写真

もし近隣店舗におしゃれなお店があるのであればぜひ行ってみてください。

そしてそこでの写真をインスタに投稿してみてください。

「近くのお店じゃ集客と全然関係ないじゃん!」と思った方、インスタでは様々な方向からのアプローチが可能なのです。

もし最初から集客目的の店舗に興味がなかったとしてもインスタの投稿内容に興味を持ったとしたらそれをきっかけに来店してくれる可能性があります。

例えば、店舗近くのカフェで撮った写真を載せたとして、そのカフェに興味を持ったユーザーがそのカフェに寄った帰りに思い出して店舗に立寄ってくれる可能性もありますよね。

あとは単純におしゃれな場所での写真を載せると、アカウント全体がおしゃれに見えるという効果もあります。

オタク系(美容系など)アイテム紹介

私はアニメをよく見るのですが、まんまと鬼滅の刃にはまってしまいました。

最近だとインスタで鬼滅の刃のキャラクターの絵やグッズなど投稿している人を多く見かけますが、同じ趣味を持った人だと無条件に興味がわきます。

なのでそこから気になってフォローしてもらえる確率が高くなります。

アニメに限らずですが、アイドルや本、化粧品だったり、自分が自信をもって好きといえるものがあると強いです。

例えば美容が趣味だったら、効果のあった化粧品や美容ドリンク、ヨガなど投稿の幅も広がります。

自社商品×生活との組み合わせ

このテーマは少し難しいかもしれないですが、自分のブランドの系統に合った投稿をするのも大事です。

例えば生活雑貨を販売している店舗であれば、インテリア系の投稿をしてさりげなく自社商品を織り交ぜたり、アパレルであれば自社の服を着て撮影したメイク投稿だったり、さりげなく自分のブランドとの関係性に近い投稿ができると意図せずとも自然なアピールに繋がります。

手作り料理

料理投稿はハッシュタグ投稿数も多く需要もあるので、もし料理が趣味でしたら投稿テーマにおすすめです。

特にレシピなども書いて投稿すると、そのレシピで作りたいと思った方が保存してくれる確率が高くなります。

保存数が多い投稿は検索結果の上位や発見ページに表示されやすくなるので、より多くの人に見てもらいやすくなります。

あとは単純に自分の備忘録のような形で記録に残っていくのも良いですよね。

一人暮らしだと「自分で手の込んだ料理を作ってもな..」と思ってついついさぼりがちになりますが、「インスタに乗せるぞ!」と思えば料理を頑張れたり、一石二鳥です。笑

生活感のあるアイテム紹介

世の中の人が興味があるのはやはり生活に役立つ情報だったりします。

それゆえ、生活に役立つ豆知識だったり、これ使える..!というアイテムを紹介すると、ユーザーにまた見たいなと思わせることができ、フォローにつながるかもしれません。

特に人気なのは無印良品アイテムです。が、たくさんの人が投稿していて競合が多いので、

あえて違うブランドアイテムに縛って投稿するのも良いかもしれませんね。

季節性(旬)のある話題

季節性のある投稿は実際に店舗に来店したお客様との話のネタにもなるのでおすすめです。

そして最近インスタの新しい機能で「発見タブ」に「旬の話題」項目が追加されました。

国内のユーザーの中で利用が伸びているハッシュタグがほぼ毎日更新され表示されます。

ここに最初から上位に表示させるのはなかなか難しいとは思いますが、店舗スタッフさんは旬などに敏感でいなくてはいけない職業だと思うので定期的に季節性や旬を取り入れた投稿をしていくのもおすすめです。

テーマの選び方

上記でテーマを7つご紹介してきましたが、インスタは統一感も大事になってくるので、全てのテーマを投稿するのではなく、この中から自分に適したテーマを選んでいくのが良いと思います。

大体2~3個くらいに絞ると更新しやすいです。

テーマを決めたらこのアカウントが主にどのような情報を更新していくのかを伝えるためにプロフィール欄に簡潔に記載しましょう。

その際、職場の店舗情報も記載してください。

↓投稿の仕方や更新の頻度などは前の記事をご覧ください↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここでは主に、店舗スタッフが発信すべき投稿テーマについてお伝えしていきました。

今回の重要ポイントは

・集客にはスタッフアカウントが欠かせない

・露骨に自社商品ばかりを載せない

・自分の趣味を活かしたアカウントにする

インスタ運用は奥が深くてまだまだお伝えしきれていないことがたくさんあります。

これからも皆さんに有益な情報をお伝えしていけたらと思います。

次回もお楽しみに!

広告・PRなどに関するご相談はこちら!

弊社では「広告活動を通じて、生活者の人生と社会における​幸せの総量を最大化する」 というビジョンをもとに、広告・PRに関する様々なご相談を承っております。 お気軽にお問い合わせください!

SNS運用カテゴリの最新記事